失敗は成功のもと、樽前ガロー編failure teaches success.Tarumae Gallow.

クリックで拡大します Click image to enlarge.


Camera:sony ILCE-7(α7)

Lens:FE 24-70mm F4 ZA OSS

Lens Focal length:39mm

Exif:F18.0  SS:1/1.7s  ISO:100  WB:manual



みなさまこんにちは、こんばんは。

いつもmamoru_photoのブログを読んでいただきありがとうございます。

前回は初夏の香りThe smell of early summer.

札幌大通公園のライラックについて書きました。

良かったら見てみてください。




今回は風景カメラマンの登竜門スポットである樽前ガローについてです。

樽前ガローはこちら↓



場所は苫小牧市にある樽前山の麓です。

ちょうど白老町と苫小牧市の中間くらいに入り口があります。





この樽前ガローは樽前山から流れる川が自然の渓谷を作っていています。

一年を通してとってもいい撮影スポットなんです。

この時期、6月7月は新緑が生い茂り景観はとっても神秘的になります。

このブログの写真も6月下旬の撮影です。

橋の上からだけじゃなく、実際川に入り撮影も可能です。

長靴やウエダーが必要です。

サンダルや素足は流れが速いので危険です。




さて、なぜこの樽前ガローが風景カメラマンの登竜門なのか??

このブログの写真は3年前の6月に撮影しています。

僕がカメラを初めて2年目くらいに撮りに行った写真ですね。


正直、この時撮った写真はあまりよく撮れていませんでした。

そんな中でも奇跡的に撮れていた写真をチョイスしています。




まずここの撮影で重要なのが川をすーっと糸状に撮影する方法がスローシャッターです。

滝の撮影なんかにも使う手法です。

カメラのシャッタースピードを落として撮影するんです。


スローシャッターに必要な機材があります。

まず三脚です。

スローシャッターにするとどうしても長い時間シャッターを開けておくのブレれます。

次に必要な機材は光を減光するNDフィルターなんかの減光フィルターです。

スローシャッターは長い時間シャッターを開けるので光をたくさん取り込みます。

よって、露出がオーバーになってしまいます。

レンズの絞りを絞っても。ISO感度を下げるのも限界があるのであえてレンズに位フィルターをかけるのです。サングラスみたいな効果です。




まーカメラをお持ちの方々はだいたいおわかりいただけたと思います。

カメラを買っていろいろな写真を撮っているうちにいろんなことやってみたくなるでしょう。

三脚を持ったりレンズにフィルターをかけたりって割と次のステップなんだと思います。




それではなぜこの写真がいまいちなのか。

この時の装備はカメラとレンズと一脚だけでした。

写真を初めて2年目

色々調べないで行った結果ですね。



写真の下に掲載しているExif(撮った時のデータ)が物語っていますね。

まずNDフィルターの存在を知らなかったためしっかりシャッタースピードが落とせていない。

川がきれいに糸状になっていない。

一脚だったのでしっかりカメラを固定できていないため微ブレしている




しっかり思い通りに撮影できなかった悔しさで一生懸命調べて勉強した記憶があります。





なので初心者を脱却するという意味で僕の中では登竜門になっているんです。




まー失敗があって成功につながるんだなーと思っています。




あーリベンジしたい、リベンジしたい!!

と思いつつ3年経っています。





だれか連れて行ってくれないかなーww

お待ちしています。




何か撮影でお困りのことがあったら、僕の答えられる範囲でお答えします。



Hello everyone, good evening.

Thank you for always reading the mamoru_photo blog.

The last time is the smell of early summer

I wrote about the lilac in Sapporo Odori Park.

Please take a look if you like.



This time, it is about Tarumae Gallow which is the gateway to success spot for landscape photographers.


The place is at the base of Mt. Tarumae in Tomakomai City.

There is an entrance just halfway between Shiraoi-cho and Tomakomai City.




In this Tarumae Gallow, the river flowing from Tarumae makes a natural valley.

It is a very good shooting spot all year round.

During this period, the fresh greenery and overgrown scenery become very mysterious in June and July.

The photo of this blog is also taken in late June.

Not only from the top of the bridge, it is also possible to actually enter the river and shoot.

You need boots and a wedder.

Sandals and bare feet are dangerous because they are fast flowing.




By the way, why is this Tarumae Gallow as a gateway to success for landscape photographers? ?

The photo of this blog was taken in June three years ago.

It is a picture I went to shoot for the first time in the second year of my camera.




To be honest, the photos I took this time were not taken very well.

Among them, I chose a photo that was taken miraculously.




First of all, the slow shutter is a method to shoot the river in a very stringy way.

It is a method also used to shoot waterfalls.

I lower the shutter speed of the camera and shoot.




There is equipment necessary for slow shutter.

At first it is a tripod.

If you use a slow shutter, it will be a shame to keep the shutter open for a long time.

The next item of equipment needed is a neutral density filter that reduces light.

The slow shutter opens the shutter for a long time and captures a lot of light.

Therefore, the exposure will be over.

Even if you stop the lens aperture. There is also a limit to lowering the ISO sensitivity, and the filter is applied to the lens. It is an effect like sunglasses.




I think that people who have Ma-camera have understood about it.

While buying a camera and taking various pictures, you will want to do various things.

I think that it is the next step relatively by holding a tripod and putting a filter on the lens.




So why is this photo so good?

The equipment at this time was only a camera and a lens and one leg.

The first year of photography

It is the result of going without examining it in various ways.




Exif (data taken when shooting) posted at the bottom of the picture speaks.

First of all, I did not know the existence of the ND filter, so I did not slow down the shutter speed.

The river is not clean and stringy.

Because it was a monopod, it has a slight blur because I can not fix the camera firmly




I have a memory of studying and studying hard with regret that I could not shoot as I expected.




So, in terms of getting rid of the beginners, I am the gateway to success in me.




I think that there is a failure and it leads to success.




I want to revenge, I want to revenge! !

Three years have passed while thinking.





I wonder if someone will take me ww

We look forward to.




If you have any trouble shooting, I will answer in the range I can answer.






クリックで拡大します Click image to enlarge.


Camera:sony ILCE-7(α7)

Lens:FE 24-70mm F4 ZA OSS

Lens Focal length:32mm

Exif:F18.0  SS:1/2.5s  ISO:100  WB:manual





クリックで拡大します Click image to enlarge.


Camera:sony ILCE-7(α7)

Lens:FE 24-70mm F4 ZA OSS

Lens Focal length:43mm

Exif:F10.0  SS:1/100s  ISO:1000  WB:manual






クリックで拡大します Click image to enlarge.


Camera:sony ILCE-7(α7)

Lens:FE 24-70mm F4 ZA OSS

Lens Focal length:24mm

Exif:F13.0  SS:1/125s  ISO:1600  WB:manual







<宣伝>

最後まで見ていただきありがとうございます。

ちょっと宣伝させてください。

ポストカードの販売なんかもしています。

おかげさまで大人気です。

見てみてください。↓

shop


14回の閲覧